静岡市清水区のいはら服部鍼灸整骨院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

姿勢を良くするためには骨盤を立てる

姿勢を良くするためには骨盤を立てる

皆さんいすに座るときはどうしていますか?いすに座っていると腰が丸まり姿勢を崩しやすいです。そのままの姿勢が続きますと腰の筋力が弱くなり、ぎっくり腰などで痛めやすいです。
私はこのようないすを所持していまして

このいすは姿勢を良くするいすでしてこれに座ると良い姿勢しかとれないようになっています。まさに姿勢矯正であります。姿勢が矯正されると言ってもこれがすごく楽です。なぜか。それは骨盤からの軸にあります。上の写真をみると股関節にも膝にも角度がついています。で傾斜が骨盤を立てると書いてあります。実はソファーなんかで脚を投げ出している姿勢、あれは脚に力が入っています。その筋力は骨盤を寝かせる方向に働きます。上の写真のような股関節、膝の角度が一番脚の筋肉が緩んでいます。よく腹筋をするとき膝を曲げてするように言われますね。脚に余計な力を入れないで腹筋だけの力で上体を起こさせるようにするためです。この写真も横にすると腹筋するときの姿勢になります。


そして軸がどう関係してくるのかというと上の写真には「支点はここにしたい」と書いてあります。支点がここより前だと頭がバランスをとるため(頭は重量物)前にでてきます。背中は寄り掛かった方が楽なので背もたれに荷重を預けます。そしてそれが猫背になります。

なので骨盤を立て、支点(坐骨結節・椅子と接する骨盤の骨の部分)を頭とそろえると上半身の前と後ろの筋肉が均等に働き軸ができる(姿勢が良くなる)ということになるのです。

骨盤を立てて姿勢を良くするグッズは「骨盤 クッション」で検索すると色々でてきます。

本当はこのような斜面に坐骨結節が接するのがベストですが、お家にあるものを使うならばタオルやクッションなどを丸めて坐骨結節の下に敷いてあげるのでも代用になります。

お知らせ