静岡市清水区のいはら服部鍼灸整骨院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

朝腰が痛い方の寝方、起き方

朝腰が痛い方の寝方、起き方

ここでは腰の痛い方の寝方置き方を説明したいと思います。
朝起きると腰が痛い方は実践してみてください。寝方:仰向けで膝の下に枕や座布団を丸めたものなどを入れ膝を曲げた状態で寝るようにしてください。
膝を曲げる理由は膝を曲げると腰が緩むからです。
膝を伸ばしていると腰が張りその状態で朝まで過ごしてしまうと朝腰が痛いと言うことになります。
膝を伸ばす事は腰への負担が強いと言う事なんですね。
ここで重要な事は枕を膝裏に置く際、自然に膝が曲がる位置に枕を置くと言うことです。
最適なのはモモの裏の面に置くことです。
ふくらはぎの皮の面に置く事はただ足を高くするだけの行為で今度は膝へのの負担が増しますのでやめましょう。
もう一つ重要なのは首肩も楽な位置にすることです。首肩の緊張は腰にも伝わっていきます。どうすれば良いのかと言うと肩甲骨の下にタオルを折りたたんだものなどを敷いて首肩をサポートしてあげましょう。こうすることによって腰が反るのを防ぐことができます。体幹への負担が分散し腰だけに負担が集中すると言うことがなくなるわけです。
ちなみに肩が持ち上がっていないと首が伸びてしまいこれでは肩が凝ってしまいます。
首が休まる位置を与えると言う意味でも肩甲骨の下にタオルを置くことをお勧めします。
このように体への負担が少なくすることは工夫をすることで可能です。
寝返りを打つんだよ自由な姿勢で寝たいんだと言う方もいます。
寝返りとは体の負担が少ない姿勢を無意識に探していることをいいます。
初めに負担のある姿勢で寝てさらにそこから体を動かす事は結局は体を痛めていることになります。
まず寝るときのスタートはこの姿勢からにしましょう。
起き方:まず横向になり腕を使って腰を極力捻らないように体を起こしていきます。
片膝を立て手を乗せて腕の力を使いながら立ち上がります。
柱などつかまるところがあればそれを利用した方が良いでしょう。

お知らせ