静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

骨盤を安定させない座り方は腰痛、肩こりの元! 猫背にさせていませんか? 

骨盤を安定させない座り方は腰痛、肩こりの元! 猫背にさせていませんか? 

今回はデスクワーカー永遠の課題、座り姿勢です。
デスクワーカーは例外なく肩こり、腰痛に悩まされます。

結論は姿勢を良くしなければ肩こり、腰痛はなくならない…のですが
良い姿勢を作るにはどうしたらいいのでしょう?

つぎの図は立ったときの骨盤の様子です。

左は前傾しすぎて背骨が反り腰になってしまっています。
真ん中は程よく骨盤が立って良い姿勢です。
右は後傾して猫背になっています。
これは立った時の説明ですがこれを踏まえて次に「座る」の説明に入ります。
座るという行為は骨盤が後傾していく方向性にあります。だから猫背になるのです。

これを踏まえてつぎの映像をみてください。

普通に座ったときは前から押されると後ろに倒れてしまうのに
骨盤クッションという斜面に座った時は耐えることができています。
これは後傾した骨盤を斜面に座ることによって骨盤を起こしているからです。

で立位の時は足裏アーチが土台となって全身を安定させた様に
座った時は立てた骨盤が上半身を安定させているのです。

安定した上半身では腹筋も正常に働きます。だから押す力に耐えられたのですね。猫背の状態では腹筋が緩んでいて押す力に耐えられなかったのす。

結論:着座の良い姿勢は骨盤を立てることにあり

映像で使っていた補助具は「コジット 開脚クッション」という商品名でAmazonで購入しました。


「骨盤クッション」で検索すると他にもいろいろ出てきますし、粘土や板で斜面を作ってみても良いかもしれません。

服部は普段はどうやって座っているのか?
私はよくセミナーに行くのですが、いつもこんな大きなクッションを持ち歩いているわけではありません。ではどうやって姿勢を正しているのか?
実は骨盤を立てることを意識的にしています。
骨盤の一番下に坐骨結節という部分があります。お尻と脚の境目に骨の硬いところがありますのでそこです。それを支点にして骨盤を起こしています。椅子の端にひっかけるような感じにしています。
部位がイメージできない方はお尻を少し浮かせるように座ってみてください。ちょうどそれが骨盤が立つ位置になります。
今思い出しましたがバイクの教習で、一本橋を渡る時教官にわからないように少しお尻を浮かせると良いという裏技を教えてもらいました。お尻を浮かせるとバランスを取れるということを知っていたのですね。

補足:脚を投げ出す、脚を組むのはもってのほかです。
脚を投げ出すと骨盤がより後傾し、猫背がひどくなります。膝は曲げましょう。お尻の真下に足がくるのが理想です。
脚を組むのは水平軸に対して骨盤を歪ませています。体に左右差が生じ、片側の腰痛、肩の片方が下がったりします。常に両方のお尻をつけて座る様にしましょう。