静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

首はサポートしてはダメ?枕と寝方

首はサポートしてはダメ?枕と寝方

姿勢の解説も立つ、座るときて今回は寝るをお話ししていきたいと思います。
よく枕が変わると眠れないとか枕で悩む方もおられます。
寝ることも生活の一部分なのでお話しすることにしました。

最近は首に合わせた形状や頭にフィットさせる枕、横向きにも対応した枕が売っています。
しかしこれらはどうなのでしょうか?
前回の足裏アーチをサポートするとアーチを作る筋力が弱くなるという記事を書いてから思うことがありまして、首についても同じことが言えるのではないかと考える様になりました。

頚椎というのはもともと反っています。それはショック吸収のためです。頚椎がまっすぐになってしまう、ストレートネックというのはクッションがきかずに重い頭を支えようとするので首こり、肩こりになりやすい首の形状であるといえます。

足裏のアーチが潰れてしまうのが扁平足。でそれは足裏の筋肉が弱くなるから。
同じ様に首に不必要なサポートをして首の湾曲を作る筋肉を弱めストレートネックになるのではと考えました。
私の考えではできるだけアーチ状の部分に首をのせないほうがいいです。

同じ理由で低反発のマットなどもおすすめしません。
腰の形に沈むというものですが実際これで腰を痛めている人もいます。
腰の力を抜いて楽に眠れるようにするという考えで作られているかも知れませんが、体を甘やかせてはいけないということですな。
普通の布団の硬さで十分です。


どうしても床が硬くて寝ていると腰が痛いという方は膝を曲げると腰が緩みます。

横向きでの寝方
寝返りを打つという過程で横向きで寝たくなる方もおられると思います。
そんなときどう寝たら良いのでしょうか

上むき横向き両用枕といってサイドを高くして横向きになったとき肩幅と合わせようとしている枕もありますが私はそんなに必要性を感じません。


写真の様に枕にある程度の高さがあれば下の肩はうまく隙間に入り込むことができます。

それと横向きの時天井側の膝を曲げればその膝を支えにして骨盤が安定してそこから背骨まで安定し肩もうまく引っ込めることができます。

このとき注意したいのが地面側の膝を曲げないことです。地面側の膝を曲げるということは骨盤を地面に垂直に立たせるということでそれに伴い上半身と肩も垂直にしなければならなくてそれこそ肩幅と同じ高さの枕が必要になります。

上向きで寝る人の話に戻りますが

基本高さは地面と水平になる位置に、首が反っても頷くようになってもいけません。

硬かったり、頭の自由がきかない枕は寝違えになる可能性が非常に高いです。
意識がある状態で頭を動かして見て動かしづらいと感じたらやわらかい枕に変えることをおすすめします。
直接関係のないことかもしれませんが私は硬い枕で寝ているとき半覚醒状態になったことがあり、寝ながら頭を動かしたいのに動かせない状況に苦しみました。あやうく寝違えるところでした。起きてから「硬い枕のせいだ」とおもいました。もちろんそれだけが理由ではありません。半覚醒状態は疲れている人、寝不足の人に起きやすいです。ただ寝るときの快適性をそこねるのはいけないと思ったのでこの例を取り上げました。

以上のことから私がいいと思う枕は
スタンダードタイプで柔らかくて低めのものです。
自分のちょうどいい高さになるまでをタオルでかさ上げしましょう。
これなら硬すぎず、高さもちょうどいい枕ができるはずです。

寝るときの姿勢も整えるようにして快適な睡眠をとりたいものです。