静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

物忘れ防止 物管理法

物忘れ防止 物管理法

かばんの奥に入れっぱなしで忘れてしまったり、いつものくせがあるのでかばんに入れたと勘違いしたりなどの物忘れなどしたことはありませんか?
いつも自分の持ち物を把握していないとなくしたときの大混乱に陥りますよ。

先日母が家の鍵をなくしたと言って困っていました。
家に入っているのですから家にあるものだと思うのですが…
家の中を一通り探した後、職場に忘れただとか、スーパーで落としただとか言い始めました。
混乱すると人のせいにしたり、あての外れたところを探したりしがちです。
店舗が落とし物を預かってくれていて返ってきた経験があるようですが、基本あちこち聞きにまわることはやめた方がいいと思います。店の余計な手間を増やすことにもなりますし、こちらの確証を得ない情報を渡しても話になるのかわかりません。
自分がその「もの」に対して責任がとれなかったことを反省してすっぱりあきらめましょう。

そもそもこうならないための対策が必要です。
某お片付けの先生も言っていたことですが、帰宅したらバックのものをすべて出す、そして自分で決めたあるべき場所へしまう。
出かけるときには必要なものだけバックに入れる。
日々このようなことをしていないと、必ず忘れ物はおきます。
皆さま気を付けましょう。

当院では忘れ物対策への試みもしています。

勤務時代、患者様の間で靴の取り間違いがあっとことがあり、私もなくされた方も非常に困った事態がありました。
その経験をふまえて当院では靴棚の中に段があるものを使用し、上段にスリッパを入れて置き靴を入れた場所のスリッパを取ってもらう方式にしています。

また、傘の忘れ物も多かったです。傘だとそのまま放置していく人もいます。
当院では傘袋を用意して持ち歩いてもらうことにしました。

これだけの対策をしていますので院内では忘れ物が起こらないようにしていきたいです。