静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

目が悪くなるのは首から? 自分でできるエクササイズ

目が悪くなるのは首から? 自分でできるエクササイズ

あなたは目が疲れている、または最近視力が低下してきたと感じていませんか?
パソコン、スマホ、車の運転時というように
目を酷使するシーンというのは多数あります。普段の生活からどのようにして目へ影響してくるのでしょうか。
頭と目は連動して動いています。目を大きく動かすと頭がその方向についていくのが分かると思います。その頭の土台となっているのが首で頭の動きの起点となっています。この首と頭の付け根が目に映るものがぶれないように頭を動かす部分です。カメラの手ぶれ補正のような機能です。
このように目と連動して頭が動くことによって首には常に負担がかかっています。肩首が悪いと目が悪くなる、反対に目が悪くなると肩首が悪くなるという可能性があるということです。

そこで自分でできる目と肩首を楽にするエクササイズがあります。
頭と首の付け根に親指を当てその他の指は頬骨を支えます。そこから親指を支点として頭を上方回転させます。親指は頭と首の付け根に入れ込むイメージで押します。

注意することは頭を強くつかまないことです。頭痛やめまいがおきます。
ただ首の筋肉も細い割に強くできていてコツをつかまないと緩めることができません。加減がわからず強く押してしまいがちです。

手っ取り早く安全に効果的にできるのが結局は鍼です。
頭を強く押すこともありませんし、ピンポイントで目的部位を刺激できます。
具体的なツボは
「天柱」「風池」「完骨」です。

いづれにせよ頭の動きの起点となる重要な場所ですので固い筋肉のままではいけないと覚えておきましょう。