静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

感情の目的とはなんなのか?

感情の目的とはなんなのか?

前回は自分の人生は自分で決めることができるといいうようなことをお話ししました。それはつまり、過去の出来事やトラウマがあなたの現在・未来の決定要因にならないということです。

「人間の行動には、その人特有の意思を伴う目的がある」
大事なのは過去の原因ではなく、現在の目的を探ることです。
他人の目的というものを探ってみましょう。子供がなぜ不登校になるのか、なぜ反抗的な態度をとるのか、必ずそういう行動にいたらしめる目的があるはずです。いじめられているのか、体罰があるのか、試験が嫌で言い訳をつくるためなのか…
目的がわかると問題への対処もしやすくなります。自分が間違った行動をしていると思えば、その目的が何なのかを探って問題行動を修正できますし、他者の行動の目的を考えることは、その人への理解を深めることになるでしょう。そうすれば、他者の態度や言葉にイライラしたり、悩まされたりすることもなくなるはずです。
また、アドラー心理学では、感情は何かをする目的のために使われると考えられています。例えば怒り、怒りにも目的があるというのです。怒りというのはあらゆるネガな感情(落胆・不安・心配・悲しみ・傷つきなど)の最終形態、二次感情と言われています。落胆・不安・心配・悲しみ・傷つきなどが一次感情でそれらが収拾つかなくなって・表に出てしまったのが二次感情(怒り)です。
感情的になってしまいそうなときは、その感情の目的を考えましょう。とくに怒りの感情の場合は、その背景にある一次感情がなんなのかを探れば、穏やかな気持ちで円滑な人間関係が築けるはずです。