静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

肩こりの原因 肩甲骨編

肩こりの原因 肩甲骨編

肩こりの予防に「肩甲骨はがし」という情報が出回っております。ちまたでは肩甲骨を動かさなければと運動やストレッチが流行っています。では肩甲骨はがしの本当の意味とは何でしょう。

そもそも肩甲骨とは肋骨の上を動かなければならないので浮いている骨なのです。ですので肩甲骨の下には指が入ります。肩甲骨と肋骨の間を分断、これが本当の意味で肩甲骨はがしと言えます。これは整体師によってはやる人はやるストレッチです。私は当院に来るお客様に「肩甲骨の下に指を入れられたことがあるか」聞いていますが、若干経験したことがある方もいる程度でまだまだ知らない人も多いようです。

なぜこのようなストレッチをするのか。肩甲骨が肋骨の上をスムーズに動くようにするためです。このストレッチをすることで肩の軽さ、腕の上がり易さに差が出ます。

肩甲骨と腕との関係は

肩甲骨は接続しているのは鎖骨と上腕骨、そして先ほども述べたように肋骨と浮いてはいるのですが肩甲骨を動かすための筋肉を介して接続しています。上腕骨は上は肩甲骨と接続しているだけですので、ほぼ肩甲骨が腕を吊っている状態と言えます。腕の重さが肩甲骨にかかるので肩甲骨と肋骨の接続部分に負担がかかるのは明白です。

その負担のかかっている部分というのが、肩甲骨の内上角(内側の上の方)。肩甲骨の下に指を入れて行って内側の上の方に進めていくと止まります。そこが肋骨とくっついている部分です。肩甲骨と腕を吊っている部分というのは内側の上の方なのですね

そこで施術者が指圧をしたり、鍼をするところが肩甲骨の内上角にある「肩外兪(けんがいゆ)」というツボです。肉厚でパンパンに張っている部分です。押したり鍼をすればだいぶこりは解消されます。

ご自身での肩甲骨はがしの仕方ですが、まえならえの要領で腕を前にのばします。そこから極力腕を曲げずに肩を後ろにひっこめます。イメージ的には腕で肩甲骨を押し出す感じですが、実際は後ろからみると肩甲骨が内側に寄っているようにみえます。でも教えてもできる人はあまりいません。なかなか肩こりの人ができるようなことではありませんが、肩甲骨の裏のストレッチや肩外兪の存在が重要だとわかっていただければ、普段のマッサージやストレッチを受け方も変わると思います。