静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

肩こり最大のポイント 肩井(けんせい)

肩こり最大のポイント 肩井(けんせい)

肩上部、文字通り肩の上にあるツボです。筋肉でいうと僧帽筋という筋肉でこれより下に位置する肩甲骨や鎖骨、腕を吊っています。吊っているということは肩甲骨や鎖骨、腕の重さがかかるということで、その重さがかかっているのがこの肩井というツボのあるあたりです。重さを支えなければならないのですから、直立している我々は肩がこるわけですね。

この肩井、押すのであれば、肩の面に対して垂直に押します。自分ではできません。どなたかに指の先で押してもらいましょう。施術する人は深部にまっすぐ指を入れるイメージで押しましょう。こっている人にはすごく痛く感じると思いますが、そのぐらいの刺激がないと筋肉の硬さは変わりません。痛く感じたというのは筋肉のほぐれた目安です。揉み返しという問題もありますが、これは長時間、広い範囲を刺激し続けるからです。筋肉は押せば線維が壊れますから、こっているからとしつこくマッサージされ続けると筋肉の修復が追い付かなくなり筋肉痛状態になります。
ピンポイントで筋肉の深くまで届かせ、短時間で済ますことが上手い施術方法です。

この肩井、上手くほぐれればだいぶ肩が軽く感じるようになります。
ちなみに鍼ではこの肩井には垂直に刺しません。すぐ下に肺があるので間違って刺さったら気胸といって、肺に穴が開いて、膨らんでいた肺がしぼんでしまいます。しばらく息をするのが苦しくなります。
どうするのかというと肩の上をつまんでそれを横から刺します。これもだいぶ肩が軽くなります。

肩こりを治すとき、この肩の上の部分というのは重要なポイントです。知っておくことでご自身の肩のこる理由、対処方法もわかってきます。