静岡市清水区のいはら服部鍼灸整体院

054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

五十肩の症状

五十肩の症状

当院には肩関節周囲炎、いわゆる五十肩の方も多くいらっしゃいます。名前の通り40代~50代の方に多い症状で肩関節周りの組織が固まって肩が上がらなくなります。

状態には急性期と慢性期があります
・突然激しい痛みがあらわれる急性期
ある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩・五十肩の典型的な発症パターンです。ほとんどが片側の肩のみに症状があらわれます。その後、肩を動かすときに、痛みが二の腕や手先に伝わるようになります。しびれをともなうこともあり、眠れないほどの痛みが生じることも少なくありません。これは肩関節の炎症によるもので、急激な痛みは、数日間で治まります。

・肩が動かせる範囲が制限される慢性期
急性期の痛みが治まるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていくことがあります。とくに肩を上げたり、後ろに回す動きが困難になります。これを拘縮(こうしゅく)といいます。痛みのために、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに動かなくなって治癒が長引きます。
この慢性期が長く人によっては治癒までに半年から1年かかることもあります。
それもなった方に聞くといつのまにか治ったとかいう言葉も聞かれます。
それだけわからないことが多い、経験した人も説明ができない、難儀な疾患といえます。
治療も難儀です。
何しろ肩の動きがあるところで止まってしまう、物理的にそれ以上動かせない状態になってしまいます。こちらとしても無理な力は加えられません。肩を壊します。
近似した体の状態として股割り(開脚)をする時をイメージしていただけるといいと思います。
空手の先生に聞いたことがあるのですが股割りはゆっくり少しずつ壁を使ったり、人に手伝いをしてもらいながらストレッチを加えていきます。全然開かない人でも1年で180度開くようになったとのことです。
股割りに関しては通常伸びていない筋肉や靭帯を伸びるようにする行為です。
一方五十肩に関しても何らかの原因で肩の筋肉や靭帯が伸びなくなってしまったものです。ですからこれを伸ばすことにしても時間をかけて少しずつ伸ばしていくしかないと言うことです。1年かかることだってありえます。
壊すのは一瞬、修復には長期間を要する。悩ましい病気です。