054-395-8965

定休:月曜日

054-395-8965

営業時間 9:00~20:00

予約はお電話
にて受付

ふともも内側の施術

ふともも内側の施術

ふともも内側です。
ここが衰えると膝が内側に入るX脚ということになります。
内側の筋肉は恥骨といって一番内側の下側につく筋肉が多いです。
ですのでここの筋肉が衰えるということは
骨盤の土台としての機能も低くなります。
(中心に近い部分の支えが弱いということですからね)
だからでしょうかX脚の方はひどい腰痛が多い気がします。

X脚の人をみたら
内側をしっかり施術する必要があります。

内側の筋肉は表面的には2つ出てきます。
脚を三角絞めみたく股を開いて膝を曲げたような格好をすると
骨盤(上前腸骨棘)から膝の内側に向かって斜めに走る
「縫工筋」がでてきます。
骨盤(恥骨)から膝の内側に向かう
「薄筋」
縫工筋と薄筋の間の奥に「長内転筋」
とあります。

これらも最初は手のひらでほぐし
筋肉の分け目を母指か四指で押していきます。

足五里(あしごり)・陰包(いんぽう)・曲泉(きょくせん)
というようなところです。

長内転筋の下には神経が通っていて
押したら刺激が強いところなので

力加減は繊細に丁寧に押すことが大事です。

かえる脚のように股を開いて膝は90度くらいに曲げると
適度に筋肉が緩んで押しやすいでしょう。

ちなみに縫工筋、薄筋は
半腱様筋(薄筋の横、太もも裏)とともに
膝の内側につきます。
鵞足(がそく)といいます。
膝関(しつかん)のあたりでしょう。

鵞足炎といって膝の内側が痛くなる症状があります。
走る競技などで膝を曲げ伸ばしのしすぎででる膝の炎症です。

こういった症状にも
太もも内側を施術します。

ブログ